Oライン

Oライン(肛門周り)の脱毛処理の流れ|自己処理は絶対ダメ

毛深いのが気になるだけでなく、衛生的、蒸れたりするのが嫌な方や、いわゆる「はみ毛」が気になり恥ずかしく思っている方の多くがV/I/Oラインの脱毛を考えているのではないでしょうか。

ちなみにVは前側、Oは肛門のまわり、Iはそのつながってるところです。

毛深さを気にする一方で人に見せるのが恥ずかしいと思っている方も多く、脱毛を自分で処理してしまいがち。

しかし自己処理で剃ったり抜いたりすると、後々黒ずみの原因となってしまうので自己処理は絶対にやめましょうね

剃るにしても抜くにしても何にしても、死角なので自己処理に安全な方法はないと思います。

どうしても人に見せるのは恥ずかしいという方は、T字のカミソリ等はおすすめはしませんが自宅で脱毛器を利用して下さい。

アンダーを見られるという抵抗感がどうしてもありますが脱毛サロンではOライン脱毛はIライン脱毛とセットで施術を受ける人が多い脱毛箇所です。

エステサロンの方もプロの仕事として行っていますので、不安感なく済むように、世間話をしながらリラックスさせてくれます。

最初は正直恥ずかしいですが、産婦人科の先生のように何十人、何百人という人を施術しているプロなので、こっちが気にしているほど相手は気にしません。

脱毛の目的は「毛をなくす!少なくする!きれいにする!」なわけですから、しっかりカウンセリングを受けて、しっかり脱毛してもらいましょう!

銀座カラーがOライン(肛門周り)の脱毛が一番安くて安心感

残念な事に通常の初回キャンペーン価格では、どのサロンに行ってもヒップ奥の脱毛は受けれないのが実情なんです。

銀座カラーでは1年6回をめどにキレイに脱毛するコースなんですが、ヒップ奥・肛門の周り脱毛が22,000円とかなり安いんです。

もちろん1年を過ぎた場合でも、6回の施術が完了するまでは契約は有効ですし、結果に満足いかなければ返金も受けられます。

ですので私のおすすめは、キャンペーン価格で両ワキの脱毛をしてみてから、良ければついでにOラインの脱毛をするというプランが良いと思います。

銀座カラー 詳細